<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

年貢の納め時〜昇給審査編〜

JUGEMテーマ:スポーツ

え〜去年起きた少林寺拳法での大きな出来事は3級の昇給審査でしょう。

仕事の都合で道院に行けたり、行けなかったり、何度も昇給審査を受けるようにいわれ

予定はするが、仕事等でお流れ〜のパターンでした。

私自身としても、本当に茶帯になる資格あるのかな、と思っていましたし。

他の人も30過ぎて始められ、仕事等で5年白帯の方もおられたようで。まぁ良いかぁ。

ってな感じでしたし。何より自分のための少林寺拳法ですから、仕事有る身で組織の流れ

最優先ってわけいかんわけですから…。


で 少林寺拳法の 昇級試験のお話ですが。

  少林寺拳法の3級試験には 宿題と実技がありました。(上になるとテストあるらし

い?)

 宿題とは 少林寺拳法を始めたときにもらう 課目標 (時間割、レジュメみたいなも

の)に書いてある、4題の 事柄について、説明するという物。

 で〜先輩方に聞くと。


 大半が「これをなぁ〜(少林寺拳法を始めたときにもらう本)丸写しするとよ」

    「B5の原稿用紙に書かないかんよ、内容はあれ(本)移せば規定文字数

     の原稿用紙半分になあるよ」との事 3級は楽らしい。



   てな事で原稿用紙に書いて提出したところ。





 支部長 「これは、原稿用紙に書かないかんとよ、でもまぁいっか」



       

            支部長…それ原稿用紙です…
海風〜hai feng〜 * 少林寺拳法に関するトレーニング * 23:58 * comments(2) * trackbacks(1) * pookmark
このページの先頭へ